アジア放浪旅02 タイに上陸。意外とご飯が安くない?

みなさま こんにちは。
タイのホテルで更新している「はとろぐ」です。

人気ブログランキング にほんブログ村

2日目 費用合計 7,050円

(2019年1月27日 1B=3.47円)

【宿泊費】格安シングル1泊 350B(1200円)
【手数料】クレジットキャッシング 220B(765円)
【契約費】SIMカード30日間(容量無制限)700B(2430円)
【移動費】バス(ドンムアン空港〜カオサン通り)50B(175円)
【昼食代】タイカレー、レッドブル 220B(765円)
【夕食代】豚スープヌードル、チキンソテー 130B(450円)
【コンビニ】水1.5L✕2本 26B(90円)
【コンビニ】パン+エナジードリンク 35B(120円)
【マッサージ】1時間(チップ込)300B(1040円)

書き出して見ると結構使ってる。

SIMカードが容量無制限でイイ感じ。
Google Map使い放題で安心感がヤバイ。

それでは、2日目スタートです。

朝5時 シンガポール・チャンギ空港の床から目覚める。
3時間ぐらいしか寝てないけど、割とスッキリしました。

無料Wi-Fiを使いたいので、ラウンジに直行。

ラウンジで朝食タイム。
ラウンジ

コーンフレーク
コーンフレークとオレンジジュース

甘くないプレーンタイプのコーンフレーク。

コーンフレークは、甘いタイプを
牛乳と一緒に食べるのがウマいのに。

人生で初めてのトランジットなので、
どうして良いのか解らないので、とりあえずネットで調べる。

乗り継ぎの際に、航空会社が違う場合は、
乗り継ぎチェックインを行うらしい。

私は、乗り継ぎ便も同じ航空会社なので、
チェックインは不要でした。
(関空で搭乗券を2枚貰っていました。)

ただ、朝にならないと搭乗ゲートが解らないので、
思いのほか、ゲートが遠く焦る。

6時10分に手荷物チェックを済ませて、
6時55分発まで待ちます。

シンガポールからタイまでは、約2時間半。
時差が1時間あるので、到着時刻は、8時30分。

スクート

狭いスクート航空に乗り込む。
ラッキーなことに、隣の席が空いてて広々座れました。

離陸して直ぐに睡魔が・・・
睡眠時間が足りてなく、眠すぎる。

30分ほど寝て、入国審査の紙を記入する。

読めない英語が・・・ (´・ω・`)

スマホにオフライン辞書を入れておくのを忘れてた。
仕方が無いので、ノートPCを起動。

「Length of Stay」が解らない語学ゼロの私。

入国審査が通らなかったら、どうしよう・・・
なんて心配してましたが、全然問題無かった。

入国審査で言われたことは、
「Take off your glasses」だけ。

眼鏡って入国審査で外さないとダメなんだっけ?

眼鏡を外して机の上のウェブカメラみたいなものを
見つめて終了。

関空の時のほうが色々面倒だった。
帰りの航空券のチェックは全くありませんでした。

預け荷物も無事に回収。
腰ベルトが汚れてるけど、しょーがない。

ベルト関係の養生をしなかった私が悪いのです。

とりあえず、通貨のバーツをゲットせねば。
ATMのクレジットキャッシングで5,000Bを引き出す。
ATMは、日本語表示に対応していたので簡単でした。

引き出したバーツで、ツーリストSIMを購入。

30日間 容量無制限!!
700B(約2,400円)で購入。

初期設定もすべて定員さんがやってくれます。
自分の携帯を外人定員に数分預けるのが変な感じでした。
大丈夫かなーっていう不安がすごかった。

モノの5分ぐらいで設定終了。
電話番号も新しくなります。

ちなみに回線速度チェックしたら、
平均550KBPSでした。(夜9時 測定)

日本のSIMは、
絶対に無くさないようにSIMケースに入れて保管。

とりあえず、今日のホテルが有る「カオサン通り」に行きます。

ドンムアン空港から直通バスが出ているので、
それに乗って車掌さんに「カオサン」って言えばOK。

バス料金は、50B(175円) 安い!!

ただ、3人以上の場合は、
タクシーのほうが安くなるらしい。

カオサン

カオサン2

ベタなところで記念撮影。

昼のカオサン通りは、全然面白くない。
夜になると本気を出してきます。

夜になるまで全然面白くなくて、
なぜこんなに有名なのかわからなかった。

宿泊ホテルの場所を確認。
ホテル

チェックインが14時なので、まだ開いてない。

バックが重くて歩くのが辛くなってきたので、
早めの昼食タイム。

タイでの初の食事。
なんとなくタイカレーにしました。

イエローカレー 150B
蒸しご飯 25B

飲み物は、タイといえばレッドブル。
30B 日本より全然安い!!

っと思ったら、日本で売っているモノと全然違う。
レッドブル

タイは、レッドブルをストローで飲むのかー。
って思ってストローをくわえると吸えない。

ストロー

ストローじゃなくてマドラーでした。

30分ぐらい待って、タイカレーが到着。
イエローカレー

マイルドな辛さって書いてあったけど、
凄い甘い。

めちゃめちゃ甘いのに香辛料が効いてて、
日本に無い感じの味。

カレーは、辛いのが好きなので、ちょっと残念。
現地の辛さにビビり過ぎた。
食べながら、ずっと気になっていたことが・・・

正直、安くないんだけど。。。
昼食で日本円計算で約765円。

全然、安くないんだけど!!!

レッドブルの30Bは、水と同じ値段だったので
レッドブルが問題では無い。

タイカレーだけで660円
ココ壱のカレーの値段とあんまり変わらん。

うーーーん。

カオサン通りのレストランが高いだけなんだろうか。
物価の安さを感じたいのに。

昼食を食べ終わって12時30分。

ホテルのベルを鳴らすも、スタッフが出てこない。
(入り口がロックされてて入れない)

チェックインの正規時間は、14時。
早くて開かないのは、仕方がないので、
夜に受けようと思ってた、タイ式マッサージを受ける。

1時間で約1000円(チップ込み)
施術代250B
チップ50B(1時間の相場)

日本の「てもみん」が1時間2,980円だから、
マッサージは、やっぱりタイが安い。
マッサージの腕は、そこそこ程度。
日本でよく行っていたタイ古式マッサージのほうが
腕は良かったけど、高い。(1時間 5,000円)

マッサージが終わって、ホテルにチェックイン。

シングル(扇風機付き)で1泊350B(1200円)
部屋が狭くてベットが写しきれない。
シングル

一応、机と椅子もある。
椅子

トイレは、綺麗だけどシャワーと一緒。
トイレ

トイレットペーパーは、無いスタイル。
トイレにシャワーヘッドが付いているので、
それをウォシュレットみたいに使う。

尻がずぶ濡れでも、そのままパンツを履くスタイル。

アジア圏では、このスタイルのトイレが多いらしい。

ちなみに、タンクの上のみどり色の物体は、
私の着替えです。

シャワーが有るのに、着替えを置くとこ無い。

結構使いづらいシャワールーム。

シャワーを浴びて、ちょっと仮眠。
疲れと眠気が半端ない。

起きたら、18時でした。

とりあえず、ホテル周りをブラブラしながら、周囲を探索。

昼間は、ぱっとしなかったけど、
夜になると活気が出てくる。

最寄りの電車まで歩けるかどうか試してみたけど、
遠すぎて無理だった。

カオサン通りって凄くアクセスが悪い

基本バスかタクシーで訪れる場所らしい。

路線バスに乗るのは、まだ厳しい。
全然地理がわからんし・・・

時刻も20時になったので、夜のカオサン通りで夕食タイム。
豚入りスープヌードル(60B)とチキンソテー(70B)を注文
日本円で450円

豚

チキン

豚スープヌードルが美味い!!

キャベツ、もやし、豚が入っているシンプルなスープに
ツルツル食感の平麺が入っている料理。

こんなんで良いんだよ!!感が凄い出てる。
チキンも無難に美味い。

夕食は、当たりレストランでした。
人が一杯入っている店が間違いない。

ホテルの玄関が21時で閉まるらしいので早めの帰宅。

21時以降は、玄関のブザーを押せば開けてくれるらしいが・・・

スタッフが出てこなかったら悲惨なので、
夜遊びせずに帰ります。

帰宅後、ブログ更新して就寝です。

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上昇します。

 にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
人気ブログランキング にほんブログ村

ご拝読、ありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。